脳内の信号のイメージ
  • 2017.8.12

ラミクタールの副作用で注意したいこと

ラミクタールとは、てんかんや双極性障害に効果のある薬です。この2つの病気についてですが、てんかんは脳の病気とされています。
てんかんは脳の信号の状態が過激になってしまうことから、意識障害やけいれん発作が起こるものです。ラミクタールは抗てんかん薬として、神経の興奮状態を抑えて、てんかんにならないようにします。
また双極性障害に関しては、別名躁うつ病といったほうがわかりやすいでしょう。

躁状態とうつ状態が繰り返される病気で、これも脳や神経の昂ぶりなどが起こす病気だとされています。
ラミクタールは躁うつ病の状態を安定させます。
躁でもうつでもない落ち着いた状態を持続させることができます。

てんかんも双極性障害にも効果的とされる薬ですが、即効性がなく定期的に長い時間服用する必要があります。
うつ病の予防薬としても効果的だとされています。ただし一部副作用の症状も見られるとされています。
特に皮膚障害として、発疹や皮膚が赤くなったり、口内炎、粘膜異常などの副作用が報告されています。

薬との飲み合わせで、体調が悪化することもあります。医師の指示と体調を見ながらの服用になります。
長期間服用の必要があるため、医師の判断によっては、副作用を心配するあまりに服用しないほうが良い場合もあります。

実際にラミクタールを服用されている方も多く、安定した効果がある方も多いです。
しかし一部報道で、生命に関わる副作用が報告されたこともありましたが、医師の指示を守らずに服用していたことが判明しました。
ということは、服用の仕方によっては危険な薬とされていますが、医師の指示を守る限り、安定した効果を得ることができるとされています。

関連記事