抗てんかん薬ラミクタールの効果について

抗てんかん薬は数多くの種類があります。てんかん薬が開発されてからおよそ60年程度しか経っていませんが数多くの薬が開発されており服薬によって症状のコントロールが可能となりました。
そのようなてんかんですが、どのような症状かを詳しく知っている人は医療職や介護職でもなければあまりいません。
有名な症状である意識消失、手の震えなどは知っているでしょうが、てんかん由来の症状として精神活動の異常が起こります。
これは急に笑顔になったり急に泣いたりする症状で、小児てんかんによく見られるものです。
ラミクタールの効果を説明する医師またてんかんのイメージは一般的に小児期に見られるものが多いですが、青年期や成人期にも引き起こされるケースがあります。
また、老年期の脳梗塞後に発現するてんかんもあり、思っている以上に身近な疾患と言えるでしょう。
そのようなてんかんですが、治療は基本的に抗てんかん薬となります。その中でも近年知られるようになってきたのがラミクタールです。
この薬はラモトリギンと呼ばれる成分を用いて作られた薬です。
ラミクタールでは、脳のNaチャネルを阻害する事で、グルタミンの遊離を防ぎ、てんかんにてよく起こるけいれん発作を防ぐ事が可能となります。
特にけいれん発作を防ぐ効果は同じ系統の薬剤に比べても強い事で知られています。
治療が困難な難治性のてんかんに対しても適応されており、小児てんかんの中で治療方法がそれまで確立されていなかったものにも適応します。
そのため非常に便利ではありますが、ラミクタールはてんかん薬の中でも管理が難しく血中濃度を上昇させると重篤な副作用が出現します。
皮膚障害は死の危険につながるので管理できるように医師と相談しながら服薬しましょう。

子供のラミクタール服用による副作用

薬を飲む子供抗てんかん剤の1つにラミクタールがあります。
ラミクタールは双極性障害の気分安定薬としても知られており、日本においては2008年より販売がされています。
タイプとしては薬事法に基づく劇薬、処方箋医薬品の規制区分に入り、購入をする場合には医師等による処方箋が必要になります。
ラミクタールは子供用として2mg、5mg、25mg、100mgの4タイプが販売されており、製品は水無しでも服用が可能なカシス風味となっています。
子供用ラミクタールを使用する場合には使用量や使用方法は必ず厳守をする必要があり、副作用等の症状が現れた場合にはただちに使用することを止め、医師への相談が必要となります。
使用方法としては、子供の場合初めの2週間は1日に体重あたり0.15mg/kgを1回服用し、次の2週間に関しては同じ条件で3mg/kgの量の服用となっています。
他の医薬剤を使用した場合にはその量は異なってきますが、いずれにおいても1日での最大量は200mgに制限をされています。
主な副作用としては意識がぼんやりしたり、めまいや肝機能障害、また発疹や複視などが報告されていますが、他にも、症例としては少ないものの、発熱や目の充血、口唇などに始まる粘膜等のびらん、貧血症状や発熱、喉の痛みなどの様々な症状があり、このような場合の確認をした場合にはすぐに使用を中止し、医師への相談や診察を受ける必要があります。
ラミクタールは使用をする前にも考慮をしておく内容があり、子供にこれらの症状がある場合などでは事前に医師への相談や薬剤師に伝えておくことも大切なことになります。
その内容とはまず、以前に薬を使用して痒みやアレルギーなどの症状が出た場合や、精神的に鬱症状が強く出た場合があり、他にも日常の生活において脳に器質的な障害や肝臓障害がある人などは、使用する場合において十分な注意が必要になります。

ラミクタールなどを通販で購入する上での注意事項

ラミクタールは難治性のうつ病や躁うつ病、てんかんなどの治療に使われるものです。
ラミクタールは体への負担が少なく抗うつ薬としてクリニックなどで広く一般的に処方される事の多い薬です。
通販でもラミクタールを購入する事ができますが注意しなくてはいけないことがあります。
診断を受ける患者と医師そもそも医師により診断を受けて服用することが一般的ですが、通販では医師の診断を受けずに購入するので、継続的に服用する必要がある薬なので医師の診断を受けない分、服用を続ける過程で起こる副作用に注意し用法容量を守って服用するよう注意が必要です。
個人輸入代行の通販サイトでラミクタールを扱っているところもあるのでインターネットで購入する事もできます。
比較的安いジェネリック製品もありますが、いずれにせよ通販で購入される場合は医師の診断を受けないので十分に注意しなければなりません。
ご自身で判断し自己責任で購入するしかないので服用の過程で何か気になる症状などがでた場合はすぐに医師の診察を受けるようにして下さい。
またインターネットで薬の情報などを調べる事もできますので購入の前には、きちんと薬の知識を持った上でインターネットなどの通販を利用しての購入をするようにしましょう。
もしくは一度病院でラミクタールを処方してもらい、用法用量などを医師の方に教えてもらった後に継続して飲み続ける時には病院ではなく通販サイトを利用してまとめ買いをするという方法も安全ではあります。
その方が安心であると同時に金銭面でも安くなる可能性があるので、今後飲み続ける場合には通販サイトを利用する方が効率的と言えるでしょう。